授乳中 育毛剤

 産後の抜け毛をケアするために食事療法など実にいろいろなケアの方法がありますが、そんな中に育毛剤を利用しようという手段があります。ですが育毛剤の成分は、授乳中のお乳には影響はないだろうか?と心配する方もいると思います。子供に影響があると大変ですからね。
 そんな心配がある方に、育毛剤とお乳への影響と、育毛剤はどんなものがいいのかというような選ぶ基準を紹介します。

 

1)育毛剤の利用でお乳の成分に影響は出るのか?
 育毛剤の使用をする際に一番になるのは、育毛剤の成分が授乳中の赤ちゃんに影響しないかという点です。影響する可能性はもちろんあります。育毛剤の成分は頭皮や毛穴から浸透して、頭皮の毛細血管に吸収されます。血管から吸収された成分は体中を巡りますので、お乳にもいきわたります。育毛剤に入っている成分には、お乳の成分に影響することもあるのです。
 育毛剤の成分に何かミノキシジルなど、人体に副作用を与えるような成分が入っているときには、母親自身にも肌荒れなどの副作用が出るだけでなく、授乳中の子供にも影響が出たりする危険性はないとは言い切れません。
 できれば、あまり体によくない成分が入っている育毛剤は使用しない方がいいのです。

 

2)産後の抜け毛には無添加のものがオススメ
 やはり産後の抜け毛に利用する育毛剤は、無添加無香料のもので、天然成分が由来のものを使用した方がいいでしょう。これらのものには、体に副作用がある成分もなければ、科学的な成分が含まれているようなことはほとんどありません。
 体に安全な成分しか入っていないのであれば、お乳にそれらの成分が含まれていても、子供に影響はないといえます。女性用に無添加のものや天然由来の成分しか入っていない専用の育毛剤が販売されていたりします。そういったものを多くの人々の口コミなどを見ながらしっかりと選んで利用してみるといいでしょう。

 

 育毛剤には色々なものがあり、中には体に悪いものも多く含まれているものも多数あります。そういったものが入っている育毛剤については、授乳中の方は特に気を付けたほうがいいものです。体にいい育毛剤を選んで、母子ともに健康に過ごせるような日々を送りつつ、薄毛の対策をしましょう。