女性(10代後半)の薄毛の原因とは?

 

女性(10代後半)の薄毛の原因とは?

抜け毛や薄毛は年齢によるものと思われがちですが、10代後半の若い女性でも薄毛に悩む人が増えています。

 

10代後半の女性の抜け毛の原因は、日頃の生活と深く関係している可能性が高く、主な原因には3つあります。

 

あてはまるものがないか確認し、ある場合はすぐに改善しましょう。

 

1)食生活の乱れ

食生活は抜け毛に深く関係します。ハンバーガーやフライドポテト、ポテトチップス、フライドチキンなどの油物や脂肪が多いものを食べ続けている人は要注意です。

 

高脂肪、高カロリーの食事は、ただでさえ皮脂分泌の多い10代において、さらに皮脂分泌を過剰にさせ、皮脂で毛穴を詰まらせて抜け毛の原因となります。

 

ドロドロ血にもなっているので、大切な栄養も運ばれなくなり薄毛につながります。また、甘い物や冷たい物ばかり食べるのもNGです。体が冷えて血行が悪くなって髪に十分に栄養が行き届かなくなり、髪がやせ細ってやがて抜けてしまいます。

孫は優しい??

 

抜け毛を増やさないためにも、栄養バランスには気をつけましょう。バランスよく食べるために「まごわやさしい」という言葉があります。「ま」は豆類、「ご」はごまやナッツ類、「わ」はわかめなどの海藻、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はしいたけなどのきのこ類、「い」は芋類のそれぞれの頭文字を取ったものです。うまく組み合わせてバランスよく食べて抜け毛を予防しましょう。

 

2)不規則な生活

遅くまで塾に行っていたり、カラオケなどに出かけたり、あるいは家で遅くまでテレビやスマホに夢中になるなどして不規則な生活になっていませんか?

 

不規則な生活をしていると、睡眠不足になって、ストレスも溜まるので抜け毛を助長してしまいます。また、規則正しい生活をした上で良質な睡眠を取ることでたくさん分泌される成長ホルモンの分泌が減少し、抜け毛を減らす効果があります。

 

良質な睡眠を取るためには寝る3時間前には食事を終え、1時間前にはスマホやテレビを見るのは止めることがおすすめです。抜け毛で悩まなくて済むように、規則正しい生活と良質な睡眠の確保を心がけましょう。

 

3)ヘアスタイルやヘアケア

10代後半だとおしゃれのためにいろいろな髪型に挑戦することも多いと思いますが、ヘアスタイルやヘアケアも抜け毛に深く関係しています。

 

ポニーテイルやヘアエクステンションなどは、髪を引っ張るので抜けるタイミングでない髪まで抜けてしまうだけでなく、常に引っ張ることで頭皮に負担がかかり、髪が生えにくくなり、抜け毛も増えます。

 

また、縮毛矯正を行うと頭皮に薬剤が付くことで頭皮トラブルを招き、薄毛の原因となります。また、スタイリング剤を使用したのに、しっかりと汚れを落としきれていないと毛穴に皮脂と共に汚れが詰まり抜け毛を招きます。

 

時には髪を下ろすヘアスタイルをしたり、スタイリング剤を使わない日を設けることで頭皮への負担を減らしましょう。それに加え、日頃から頭皮を清潔に保つように心がけて抜け毛を減らしましょう。

 

まとめ

 

10代後半女子の抜け毛の原因には食生活の乱れ、不規則な生活、ヘアスタイルやヘアケアが大きく関係しています。

 

たとえ一時的に抜け毛が増えても、しっかりとした対処をすればまた生えてきます。

 

薄毛で悩まなくて済むように、あてはまる原因がある場合はすぐに改善しましょう。